一日一つずつでも
新しいことを覚える
職長
宮﨑 俊男
miyazaki toshio
2014年入社
職長
宮﨑 俊男
miyazaki toshio
2014年入社

田仲建工のことは、どのように知ったのですか?

私の父は以前から当社の下請として長い付き合いがあり、その手伝いをしていた時に知りました。
前職では、建設業とは関係の無いパソコンの営業に就いていましたが、退社後父の紹介で当社に入社することになりました。

前職とはどんなことが変わりましたか?

前職では主に、交渉や接客等対人マナーに当てたに注力していましたが、当社に来てからは、測量や検査、機材の発注、記録といったスケジュール管理や計算といった場面で頭を使うようになったと思います。例えばコンクリートの計算を間違えると大変で、残ったコンクリートは固まって使えなくなってしまうんです。使う材料によって計算する方法が違うので、それぞれ計算します。これは絶対に曖昧にできないことなので、かなり気を使います。

間違えることができないんですね。段取りのときはどんなことに気を付けていますか?

段取りのときには、一緒に働く人のことを考えて用意していますね。いつも同じ人と仕事ができるわけではないので、その人に合った仕事内容や、仕事量を考え工程の調整をしています。

仕事はどのように覚えていきましたか?

1年ぐらい上司と現場を回って覚えましたね。玉掛け、フォークリフト、バックホーなどの資格は父の仕事を手伝っているときに取得していましたが、それでも1年ぐらい上司とつきっきりで勉強する機会をもらいました。当社は教育制度がしっかりしていると思います。
一緒につく親方によっては、スピードを求めてくるので、最初は大変でした。仕事内容の幅が広い業種なので、覚える事が多く、体験して慣れていく感覚です。

仕事をする上で大切にしていることを教えてください。

一日一個新しいことを覚えていけば、一年で365個覚えられます。入社当時よりは、スピード速くなりましたが、今後は効率を上げていくことが目標です。効率を求めてスピードが上がれば、その分精度を求めていくこともできるので。

新卒(未経験)でもできますか?

最初慣れるまでは、できなくて当然なので、簡単な仕事から任せます。片付けや、測量のときの手伝い、車の誘導等。場合によっては大変ですけど、できそうな仕事から任せて、自信持っていってもらいたいです。
また、使用する道具が多いので、使いながら名前や用途を覚えてもらいます。
当社に一度試しに入ってみて、自分に向いているか試してみるのも全然ありだと思います。

好きな仕事はありますか?

バックホーを操縦する作業が好きなので、率先してやってます。
他には、コンクリートの型枠を作る仕事が好きですね。木材を加工して木の枠を作り、そこにコンクリートを流して固めるんですが、その型枠の組み立ての作業は楽しいです。形になっていくのが面白いです。ミスしたら、それもちゃんと型通りになってしまうので、精度よく作る必要があります。図面はスマホと同じくらい見てるかもしれないですね(笑)

趣味の釣り

釣りは、小学校のときに、友達の誘いで始めたので、かれこれ30年以上になりますね。
最近はクロダイを釣りたいです。クロダイ向きの竿とかエサとか、仕掛けが必要らしくて、今まで釣ったことがない魚です。

INTERVIEW 社員インタビュー

施工精度の追求は楽しい!
施工管理
インタビューを読む
一日一つずつでも
新しいことを覚える
施工管理
インタビューを読む
どの工事でも
品質の差を出さない
部長
インタビューを読む